開催日時:9/29(木) 20:00-21:30

2022年度 私立小学校・特別対談! 成績向上における「Monoxer」活用事例共有会

お申し込みはこちら

概要

この度のWebセミナーでは、成績向上における「Monoxer(モノグサ)」の活用をテーマとして、 ICT教育を先進的に実践されている私立小学校の先生方をメインスピーカーとしてご講演をいただきます。現場でICT教育をリードされてきた、宝仙学園小学校の吉金先生、成城学園初等学校の秋山先生、さとえ学園小学校の工藤先生、城南学園小学校の荒濵先生、明星小学校の丸山先生、なぎさ公園小学校の川人先生をメインスピーカーとして、実体験を基にお話しいただきます。

本会はZoomミーティングを使って、参加者の方々からもご質問を頂戴し、発言いただくような会を想定しております。可能な範囲でお顔も映していただき、積極的にご参加いただけますと幸いです。

※本会につきまして、見逃し配信の予定はございません。

こんな先生にオススメ

  • 私立小学校・公立小学校の先生
  • Monoxerの導入を検討している、興味がある先生
  • よりMonoxerを活用するために事例を聞いてみたい先生

こんなことを話します

  • Monoxer導入に至るまで経緯・具体的な活用方法
  • 他のICT教材とMonoxerとの使い分け
  • 参加者の皆様が気になっているご質問へのご回答

セミナー登壇者

吉金 佳能 先生(宝仙学園小学校 教諭)
宝仙学園小学校教諭。同校の理科専科、ICT教育研究部主任。現在は、東京私立初等学校協会理科研究部主任も務める。東京地区有数のICT先進校の同校で、ICT教育研究を牽引。主著『ICTで変わる理科授業 はじめの一歩』(明治図書)。
【宝仙学園小学校】
東京都中野区にある宝仙寺を母体とした私立小学校。「品格と知性を兼ね備えた人を造る」を建学の精神とする。2015年度よりタブレット端末を導入し、2020年度より1人1台。現在は、CYOD(Choose Your Own Device)というスタイルでの端末導入を進める。Monoxerの導入は2019年6月。

秋山 貴俊 先生(成城学園初等学校 教諭)
文教大学教育学部卒業。株式会社帝国データバンク、西武学園文理小学校を経て、現在、成城学園初等学校教諭。今年度から1人2台端末環境でのICT活用について研究を進めている。日本スクールコーチ協会認定スクールコーチ、日本デジタル・シティズンシップ教育研究会専門委員。「ICT×学級経営研究会」主催。編著に『ゼロから学べるオンライン学習』(明治図書出版)、『誰でもできる!オンライン学級のつくり方』(東洋館出版社)がある。ICT活用実践掲載書籍に『ICT×社会 GIGAスクールに対応した1人1台端末の授業づくり 小学校・中学校』(明治図書出版)、『GIGAスクール構想 小学校低学年 1人1台端末を活用した 授業実践ガイド』(東京書籍)がある。
【成城学園初等学校】
東京都世田谷区にある私立小学校。1917年澤柳政太郎が画一的な教育を打破するために創設した実験学校。ICT環境は、全教室Wi-Fi、電子黒板、appleTVを完備。2021年度から3年生以上が1人1台iPad体制。Monoxerの本格導入は2021年4月。

工藤 泰浩 先生(さとえ学園小学校 教諭)
文教大学教育学部卒業。公立小学校、放課後NPOアフタースクールを経て現在さとえ学園小学校教諭。『ICT×社会 GIGAスクールに対応した1人1台端末の授業づくり 小学校・中学校』(明治図書出版)にiPad、ICTアプリの実践を掲載。
【さとえ学園小学校】
埼玉県さいたま市にある私立小学校。2018年よりiPadの1人1台端末の使用を始める。2020年の休校時には、3月よりオンライン授業を始め毎日6時間オンラインで授業を実施していた。2021年4月よりそれぞれの家庭で選んで購入したiPad端末を持ってくるCYODを始める。6月28日に『一人一台のルール−自由に情報端末(デジタル)を使えるようになるために』(さくら社)でiPadレベルアップ型ルールの実践が紹介される。Monoxerの本格導入は、2021年4月。

荒濵 豊樹 先生(城南学園小学校 教諭)
大阪総合保育大学を卒業後、同学園の城南学園小学校に勤務。同校のICT教育を任されている。
【城南学園小学校】

大阪府大阪市にある昨年度創立70周年を迎えた私立小学校。2015年に全教室Wi-Fi、電子黒板を完備し、タブレット端末を導入。2020年に個別学習、協働学習をサポートするツールとして、全児童に1人1台のタブレットを配布し、将来的に必要となる情報活用能力の育成に力を注いでいる。Monoxerの本格導入は2021年4月。

丸山 農 先生(明星小学校 教諭)
法政大学社会学部卒業後、エイベックス・マネジメント株式会社、明星大学通信教育課程を経て、現在、学校法人明星学苑明星小学校教諭。同校において、ICT・プログラミング教育、デジタルシティズンシップ教育の推進、探究学習の導入を担当。その他、株式会社学校図書道徳教科書『かがやけみらい』の編集委員を務める。
【明星小学校】

東京都府中市にある私立小学校。明星小のICT教育は『Creative & Consideration(創造と思いやり)』をテーマに、ICTスキルの向上だけでなく、ICTを活用した人と人とのつながりを大切にする態度を育てることを目指し、積極的にICT教育を推進している。Monoxerの本格導入は2022年4月

川人 祐介 先生(なぎさ公園小学校 教諭)
首都大学東京大学院物理学専攻修了後、セイコーエプソン株式会社を経て、現在、学校法人鶴学園なぎさ公園小学校教諭。児童にとってICTが当たり前の環境の中で、一人一人が自分の学びに合った道具を自分で選べるようになれることを目指し、学びの場や授業のデザインを行っている。
【なぎさ公園小学校】
広島県広島市にある私立小学校。2003年に開校し、来年20周年を迎える。2019年度より5ヶ年計画でICT環境の再整備を実施し、全教室Wi-Fi、黒板のホワイトボード化&短焦点プロジェクター完備。2021年度より1人1台端末(1~2年生はBYODでiPad、3年生以上はChromebook)Monoxerの本格導入は2022年4月

 

 

Webセミナー詳細

  • 日時:2022/9/29(木) 20:00-21:30
  • 参加費無料
  • オンライン開催

※オンライン会議システム「Zoomミーティング」を用いた開催となります。
※セミナー中は「学校名・お名前」を表示いただいてご参加いただけますと幸いです。
※皆様からのご質問への回答を中心に進行しますので、お気軽に質問をいただけますと幸いです。
※可能な範囲で会中はお顔を映して参加いただけますと幸いです。
※ご出席希望を頂戴した皆様に、別途ご案内を送付させていただきます。

 

お申し込み(参加費無料)

以下のフォームより、お申し込みください。イベントのURLは下記フォームにご登録いただいたメールアドレスに、前日までにお送りさせていただきます。なお、お申込み〆切は2022/9/28(水) 13:00となります

お申し込みはこちら

Reports 過去のセミナーレポートはこちら

Free Trial 2週間のトライアルで
すべての機能をお試しいただけます

  • お問い合わせから最短即日で
    トライアルを開始
  • お試し期間の2週間は
    無料で利用可能
  • 分からない点は
    専任スタッフがサポート
無料トライアル
資料請求
無料トライアル


Monoxer活用事例集