モノグサCEO・竹内孝太朗が教育領域の専門家として、「NewsPicks」プロピッカーに就任

教育・営業・子育て・寿司に関する情報を中心に発信予定

記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer」を運営するモノグサ株式会社(東京都文京区 代表取締役:竹内孝太朗 畔柳圭佑、以下モノグサ)は、代表取締役CEOの竹内孝太朗が2021年9月1日よりソーシャル経済メディア「NewsPicks」公式コメンテーターである「プロピッカー」に就任したことをお知らせいたします。

「プロピッカー」とは、「NewsPicks」に選出されたあらゆる領域の専門家です。「NewsPicks」内の記事に有識者としてコメントをしたり、動画番組に出演をしたりする立場になります。
竹内はモノグサの代表として、AI時代における教育論を中心とし、3児の父としての子育て、プロフェッショナルとしての独自の営業論、また趣味の寿司に関する情報など、読者にとって有益な情報やコメントをお届けして参ります。

 

■竹内孝太朗の「NewsPicks」ページ
https://newspicks.com/user/612534

■「NewsPicks」プロピッカー紹介記事
『【9月予告】30代校長からアート、金融まで、教育プロピッカー5名就任』
https://newspicks.com/news/6144930/

 

モノグサ株式会社 代表取締役CEO・竹内孝太朗よりメッセージ

プロピッカーに就任いたしました、竹内孝太朗と申します。
記憶のプラットフォーム「Monoxer」の運営を行っております。
これまでの経験を活かし、教育・営業・子育て(特に学習領域)・寿司の4テーマにおいてはプロの名に恥じぬコメントを出来るよう日々精進致します。
少しでも皆様のお役に立ちつつ、私自身も学びたいと考えております。

 

「モノグサ株式会社」について

モノグサ株式会社は、記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer」の開発・提供をしております。
Monoxerは、先生が憶えて欲しい内容を登録するだけで、その内容を定着するために必要な問題が自動で作成されます。
生徒は作成された問題をスマホやタブレットのアプリで学習していきますが、一人ひとりの習熟度・忘却度に応じて、リアルタイムで問題の出題頻度や難易度が調整されるため、一人ひとりのレベルにあった学習が実現できます。
遠隔でも生徒の学習状況・定着度が分かるため、通学・通塾が困難な状況でも、きめ細やかな指導を行うことが可能です。
https://corp.monoxer.com/