プレスリリース 『記憶定着のための学習アプリ「Monoxer」が新機能「スピーキング対策」をリリース。一人ひとりの「記憶のクセ」に合わせて英語4技能をまとめて対策することが可能に』

英単語からライティング・スピーキングまでワンストップで対策できます

 

モノグサ株式会社(東京都千代田区 代表取締役:竹内孝太朗 畔柳圭佑)は、スピーキング力を強化するための新機能をリリースしたことをお知らせいたします。
すでにリリース済みの機能と組み合わせることによって、これまで個別に対策することが多かった英語4技能を、1つにまとめることができるため、効率的な学習が実現できます。

 

 

「Monoxer」とはAIが生成する、一人ひとりの「記憶のクセ」に最適化された問題を解くことによって、効率的な知識定着が実現できる学習アプリです。
小学生から大人まで、英語や国語、理科、社会など、科目・分野を問わず、暗記や知識定着のためにご利用いただいております。

これまで、選択問題や自由入力、ディクテーション等の学習を通じて、英語4技能の内、特にリーディング、ライティング、リスニングの技能を強化する目的でご活用いただいてまいりました。

この度、音声認識機能を搭載し、スピーキング力を高める新機能をリリースさせていただきました。
これによって、「Monoxer」だけで英語4技能対策を実現することが可能になりました。

また、「Monoxer」ではユーザーの学習履歴、得意不得意及び記憶状況が一元管理されているため、各技能に対して個別の対策を行うよりも、効率的に4技能対策を行うことが可能です。

 

 

これまでと同様、対応している言語は英語のみならず、日本語など20ヶ国語以上の言語に対応しているため、外国籍の従業員や留学生の方にもご利用いただけます。

無料キャンペーン:https://corp.monoxer.com/campaign/trial
ホームページ:https://corp.monoxer.com/

 

PR Times https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000029973.html