東大阪大学柏原高等学校、新学習指導要領で定められた「主体的に学習に取り組む態度」に関する通知表の評価にMonoxerを活用

定性的な評価に加えて、Monoxerの定量的なデータを活用
モノグサ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:竹内孝太朗、畔柳圭佑、以下モノグサ)が提供する、記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」が、東大阪大学柏原高等学校(大阪府柏原市、校長:小林康行、以下柏原高校)の2022年度1学期通知表の評価に活用されました。
今年度から新たに新学習指導要領で定められた「主体的に学習に取り組む態度」に関する評価の一部で活用され、先生方の定性的な評価に加えて、Monoxerの定量的なデータを用いて評価をされています。

 

「主体的に学習に取り組む態度」の評価におけるMonoxerの活用

2022年度から高等学校の学習指導要領が改訂されました。成績評価の観点が「知識・技能」「思考・判断・表現」「主体的に学習に取り組む態度」の3つになっています。
中でも「主体的に学習に取り組む態度」は、自ら学習を調整する自己調整と粘り強い取り組みを行うという2つの軸で判断することになっています。
柏原高校では先生方の定性的な評価に加えて、Monoxerの定量的なデータも用いて評価をされています。
Monoxerを活用して計画的に学習を進めるプロセスにおいて、自分にとって苦手な項目を生徒各々で自己調整をする機会になると判断いただいています。また、学習を進める上で繰り返し「解いて憶える」プロセスが粘り強い取り組みにあたるとして、柏原高校では「主体的に学習に取り組む態度」の評価の一部に組み込まれています。

 

東大阪大学柏原高等学校でのMonoxerの活用に関して

柏原高校では、2021年6月よりMonoxerを導入しました。学習意欲はあるものの「どう学習したら良いかわからない」といった生徒が多かった中で、Monoxerを中心に復習教材による学習を積極的に生徒に提供しています。紙のワークの代わりに、Monoxerにおける学習を提出物としても活用されています。

各授業での教え方や進度に沿った内容を学習できるように、Monoxerで学習するコンテンツはそれぞれの先生が作成しています。また各教科で家庭学習の教材が異なると生徒は混乱し、自主学習に消極的になってしまう生徒もいるため、すべての教科でMonoxerを中心に活用しています。その結果、学習習慣が定着した生徒が増えています。

東大阪大学柏原高等学校 ICT教育推進主任 内田 幸甫 先生のコメント

MonoxerのAIが生徒の能力レベルに合わせ、問題を出すという点が現代のICT教育として相応しいと感じました。
クラスには勉強に意欲的な生徒も苦手な生徒も混在しますので、ICTツールを入れるからにはそれぞれの個の進度にあった教育を提供したいという想いと重なりました。あらかじめアプリ内に用意された問題だと生徒に合わないこともあり得ますが、Monoxerなら生徒のレベルに合わせて独自に問題を作れます。

最初はICTが得意な教員を中心に活用していましたが、各教科の主任を集め「こういうタイミングでこんな問題を作って、生徒に配信してみてください」とお願いしました。問題を作っていると楽しくなってくるようで、「問題を作ってみました」や「配信してみました」という話を多くの教員から聞けるようになりました。今では各教科が工夫を凝らしたbook(問題集)を沢山生徒に提供しています。作成者のなかには50代の先生もいて、世代を問わずたくさんの問題を作成してくださっています。教員側は自分が作った問題を配信しているので、生徒がどれだけ取り組んでいるかに興味が湧いてきているようです。今の自分の授業がどれだけ理解されているかも見やすいです。
このように生徒の学習習慣の定着だけでなく、教員のICT活用の姿勢にも変化が見られました。

「モノグサ株式会社」について

モノグサ株式会社は、記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer」の開発・提供をしております。
Monoxerは、あらゆる知識を確実かつ最小限の負荷で身につけることができる “記憶のプラットフォーム”です。
学校や塾といった教育機関を中心に、全国4,000以上の教室で導入されています。

ユーザーは英単語、漢字、歴史、数式など、記憶したい知識をインポートすると、Monoxerが記憶定着のために最適な問題を生成します。また、Monoxerはリアルタイムで一人ひとりの学習内容を解析し、知識の定着度合いを可視化。その情報をもとに、出題する問題の難易度・頻度を一人ひとりに合わせて自動で最適化します。

上記の通り、ユーザーはオリジナル教材を簡単に作成できることに加え、旺文社の『ターゲット1900』や学研の『ランク順シリーズ』など、Monoxer上で学習できるデジタル教材のマーケットプレイスを利用することも可能です。

【モノグサ株式会社】
本社 : 〒102-0072 千代田区飯田橋3-8-5 住友不動産飯田橋駅前ビル7階
設立 : 2016年8月10日
代表者 : 代表取締役CEO 竹内孝太朗、代表取締役CTO 畔柳圭佑
事業内容 : 記憶のプラットフォーム 「Monoxer」 の開発と運営
U R L : https://corp.monoxer.com/