わずかな時間で
生徒一人ひとりの
成績向上に取り組める

成績が上がらないのは、生徒のせい?先生のせい?
成績が上がらないのは、憶えるべきことを憶えていないからです。
しかし多くの生徒は記憶に苦手意識があり、
「憶える」最適な方法を見つけられていません。

Monoxerを使えば、見つけられます。
全ての生徒の「憶える」を得意に。

News

Service

Monoxerは、生徒一人ひとりを
「憶える」ための最短コースに導く
学習支援ツールです。

一人ひとりの記憶の癖が自動分析され、一人ひとりに必要な問題が必要なだけ出題されます。
WEB管理画面では、学習内容や記憶状況など学習指導に役立てやすい様々な情報を確認可能です。
その他オリジナルコンテンツの作成など、導入を始めやすい機能を多数ご用意しています。

01
生徒一人ひとりに必要な問題を、
適切な難易度で「憶える」まで出題

生徒によって憶える速度や、忘却速度、得意・苦手は異なります。
Monoxerはそれら全てを生徒がアプリで問題を解いている間に自動分析し、各生徒が「憶える」までに必要なステップを判断します。難易度調整や出題頻度の調節が自動で行われた問題が次々に出るため、効率的な記憶定着が可能です。

生徒の得意・苦手を分析し自動で難易度が変化
02
今まで分からなかった生徒の
学習内容・記憶状況を可視化

学習指導をする上で、生徒の学習状況を知ることは必要不可欠です。しかしこれまでは生徒に尋ねるしか方法がなく、生徒も自分の学習量を客観的に判断できませんでした。
Monoxerなら生徒の学習状況と記憶状況を管理画面で確認可能です。学習指導やコーチングに活かせる客観的なデータを得られます。

03
多様な科目、英語4技能に対応
オリジナルコンテンツも作成可能

Monoxerは様々な問題形式に対応しています。選択、入力、画像、穴埋め、音声入力など多様な形式があるため、幅広い科目に対応可能です。一部出版社のコンテンツを購入して利用したり、オリジナルコンテンツをMonoxerにインストールすることも可能です。

Customer Reviews Monoxer利用者の声

塾長Aさん
塾長Aさん

“覚えているかどうかが可視化できるので、今までマネジメントできなかった粒度で生徒とコミュニケーションできるところに大きな可能性を感じています。”

高校生Bさん
高校生Bさん

“問題を解くと、パーセンテージが増えていくのがいい。もともと何かを継続するのが苦手だけど、Monoxerはスマホでパッと開けるから気軽にできる。”

小学生の保護者Cさん
小学生の保護者Cさん

“タブレット端末でも学習できますし、うちの子供はクイズ感覚で何度も楽しそうに繰り返し利用していました。”

Recruit

Monoxer, Inc.は
一緒に働く仲間を探しています

私たちはまだまだ小さな組織です。
一緒に会社とプロダクトを育ててくれる仲間を探しています。